アルバイトで飲食店は楽しいし役立つ

アルバイトで得た収入にかかる税金については、学生の方だけでなく、多くの方がご存知ないのではないでしょうか?

アルバイトで飲食店は楽しいし役立つ

アルバイトをしている学生の方の税金

一般にアルバイト収入も一定金額を超えると、給与所得として「所得税」と「住民税」を納めなければなりません。また、アルバイトをする場合、学生自身に所得税や住民税がかかるかどうかのみならず、親の税金計算にも影響を与えることがあるので注意が必要です。アルバイトをしている学生の方の税金について、基本的なポイントを見てみましょう。

「所得税」は、個人の一定額以上の所得に対して課税される税金(国税)です。通常、アルバイトで働く場合、給与所得が対象となります。「住民税」は、個人の一定額以上の所得に対して課税される税金(地方税)です。これには、道府県民税と市町村民税の二つがあり、通常、アルバイトで働く場合、給与所得が対象となります。また、住民税は、所得割(所得に応じて税金がかかる)と均等割(所得にかかわらず一律)の二つがあります。

一般に学生のアルバイト収入は、親の所得から「扶養控除」が受けられるかどうかにも影響します。これについては、アルバイト収入(年収)が103万円以下の場合、所得税・住民税ともに扶養控除額を差し引くことができます。具体的な控除額は、学生の年齢が19歳以上23歳未満では、所得税の特定扶養親族として63万円(住民税では45万円)、その他の年齢の場合では、38万円(住民税では33万円)となっています。

Copyright (C)2017アルバイトで飲食店は楽しいし役立つ.All rights reserved.